白鳥が舞う風景

掲載日:2019.04.01

新しい年号が発表されて、世の中のどよめきが花茶にいても感じられる一日でした。 
冬から春にかけての季節にふさわしい年号のように感じますね。 
特に北国では、5月に成れば桜と梅の花が、殆ど同時に咲く季節なの「令和」でスタートを切るのは、季節感も感じられ素敵過ぎです。 
どんな年になるのかと思う気持ちには、期待感がいっぱい託されます。 

先日より、店の窓から白鳥の飛び交う姿が、見られるようになりました。 
早朝には、沢山の白鳥と鴈が花茶の上空を飛んでいきます。 

 

朝陽に照らされた白い翼は輝いて見えて、青い空を背景に美しい姿です。 

お客さまも携帯を取り出して写メ。 
お食事をしながら白鳥の飛び交う様子が見られるなんて幸せ♪と、ずーと見ていたいと言ってました。 
むき出しの黒い土の畑だけど、遠くの白い山並みや白鳥の姿を眺めていると、見飽きない安らぐ景色です。 
私は、40数年眺めているけど飽きないわ。 

白鳥が舞う風景
白鳥が舞う風景