「美味しかった。ありがとう。」が、嬉しい♪美利香day

掲載日:2014.09.05

この春に、酪農大学から全国農場学会の懇親会のお料理を頂いていた。 
まだ先の事と思って過ごしてきたけど、あっという間の9月で作日、その学会の懇親会日を迎えた。 
準備は早い段階から進んでいたが、お料理については当日の事なので朝から野菜の収穫に始まって調理という忙しさ。 
私たちの活動は、地元の食材を使っての郷土食であり、おふくろの味であり、北海道を意識しての地産地消の料理を提供する事をコンセプトにしている。 
今回は酪農大学から牛肉や乳製品、トマトなどの野菜もご用意していただいた。 
「僕たちは、全国いたるところでパーティー料理を頂くけど、どこで食べても殆ど同じメニューが出てくる。だけど、今日は素晴らしいお料理。ここだけのお料理を頂けて、美味しくて本当に感激しています。」と、お言葉を頂いた。 
殆どのお客さまが帰るときに「美味しかったです。感激しました有難うございます。」と、私たちに声を掛けて退出された。 
この言葉の魔術にかかってこの仕事が病み付きになる。(笑) 
今回は150人分のお料理。協力隊も得て無事に終わり今日は心地よい疲労感を味わいながら一日過ごした。