紙ヒコーキ

掲載日:2012.04.08

先日、4歳になったばかりの孫が遊びに来た折に折り紙で紙ヒコーキを作ってとせがまれて、一緒に作って遊んだ。 
こういう遊びを今もするんだと懐かしい想いで飛ばしあった。 
紙ヒコーキの世界チャンピオンを、ご存知でしょうか。 
その”飯島 実氏”をお招きして花茶の庭で紙ヒコーキ遊びをしようと思う。 
”花茶のサポーターは、凄い。”と、よく思う。 
色んな方をご紹介頂き繋がっていく。まさかの飯島氏です。 
5月の節句の日曜日の午前中に花茶の庭でこんな遊びが出来たら….素敵な子供の日をプレゼント出来そうで嬉しい。 
計画は、かなりの速度で進行中です。 
その頃には、花茶の芝生も緑がいっぱいで、ひばりの囀りも嬉しい春でしょう。
良い子が、いっぱい集まるといいなぁ。 

毎朝、念を押すように雪景色に覆われる。 
近くの遊水地から渡り鳥の賑やかな声が、我が家まで届いてくるし、賑やかな声に空を見上げると大きな空を舞台に渡り鳥が幾重にも矢を描いて飛んでいく。 
誘われて遊水地まで散歩してきた。 
一番開花のクロッカスやふきのとうに春の雪が憎い。

紙ヒコーキ
紙ヒコーキ