寒い冬のくらし

掲載日:2012.12.23

三寒四温という言葉を頼りに、極寒の日の朝は、もうすぐ又、暖かくなると自分に言い聞かせている。 
早い時期からよく雪が降り、毎朝、凍った風景しか目に飛び込んでこない。 

でも、今日は、珍しくスカッと青空。あと、70日もすれば黒い土が、顔を出すさ! 

ハウスの中では、秋まきしたホウレンソウが、柔らかな葉っぱを広げて育っている。 
お蔭さまで、この時期でも自家栽培のフレッシュ野菜を、メニューの中で使えるのは、嬉しい。 

朝いち、店に入ると薪の匂いがする。 
外のピーンと張りつめた冷気と違って、柔らかな暖かさも感じる。 
高知から嫁いで来たころ、舅がよく言っていた。 
北海道で一番のもてなしは、温かい火だと。 
当時、茶の間にあった薪ストーブの火と薪の燃える音を聴きながら、舅の言葉を聞いていた。 
しばらく聞いたことのなかった薪の燃える音を、静かになった花茶の中で聞いている。

寒い冬のくらし
寒い冬のくらし
寒い冬のくらし