初夏の風

掲載日:2011.06.22

一気に、夏服に衣替えした。 
先日まで、カッコーの鳴き声も心地よく感じていたのに、暑い日中に鳴く声を聞くと、うっとうしくも感じられる。 
色鮮やかなお客様の服装を目にして、夏なのだと思う。 
畑の作物も、青々と輝いて作業人は汗を流している。イチゴ狩りも、目前です。
兵庫から高校生が、体験学習に8名見える。逞しい男子学生たち。どうみても体育系にみえる。 
花茶の農園では、盛り沢山の作業が待っていた。 
畑の草取りや野菜の収穫やら…帰る頃にはジャージが土色に変色していた。 
今夜は、温泉に入ってゆっくりしてねと言うと、彼らは部屋浴しかできないとか。かわいそう。 
花茶は、ツアーの団体さんをお受けしていて、朝からバタバタと気忙しく動いていた。 
花茶農園で収穫した野菜たちを使った農村料理をご用意する。 
「何を食べても美味しいです。」と、言ってくださった言葉で、笑顔に弾ける。 
学生たちが収穫してくれたお野菜も飛ぶように売れたしね。 
夕方、ケーキの差し入れを持って、隣のユウキ君が、遊びに来た。 
帰る頃は、何故だか厨房で働いていた。(笑) 
みんな、みんなご苦労さまでした。

初夏の風
初夏の風