初夏の日々

掲載日:2018.06.02

初夏らしい季節を迎え、体もゆるゆると嬉しくなったばかりなのに、手帳にこの秋や冬のスケジュールが、次々と書き込まれるようになった。 
来年1月の予定も入るほどで、こうやって大事な時間も季節も過ぎていくのかと1年のサイクルの速さを嘆いています。 
(だって、誕生日を過ぎたばかり。お歳は、そろそろと迎えたいわ。) 

先日、東京から10年ぶりのお仕事の依頼。 
彼の熱意の強さに「本当にこの人は・・・どこまで打ち込むの?」と思うほど感心と感動を覚えて、お仕事を引き受けた。 
私も、楽しんでいる部分もあるので、ちょっと頑張ってみようとワクワクもしている。 

花茶農園は、忙しい。 

今年も可愛い園児たちが、ジャガイモや人参などを植えに来ています。 
指導しているあきっち先生も、すっかり板についた。 
この子達、大人になってもこの経験を覚えてくれているかな? 
引率の先生が、子供だけでなく僕たちも、栽培について判るので有難いなとつぶやいていたよ。 

イチゴも季節が目前になりました。 
先日の夫の命日に初なりのイチゴを供えた。 
5月に色が付くことは、今までに無かっただけに、今年は早い! 
急ぎすぎている季節に逆らうことも出来ず、スタッフたちはいちご狩りの準備にも慌てています。 
私も、庭の花畑の植え込みや手入れに気持ちも体も忙しい。 
でも、カッコーの鳴き声をBGMに聴きながら、外の仕事は気持ちがいいですよ。 
そして、苗や球根を運んできてくれるお客さまに感謝も。 

ブルーベリーの花も今満開です。 

初夏の日々
初夏の日々