夏、過ぎて..

掲載日:2009.08.17

お盆が、終わると花茶の夏の陣も終わり。ほっとする反面、一抹の寂しさを感じます。 暑いと感じたのは、5本の指で数えられるほど少なくて、不燃焼な気持ちのまま秋風を肌に感じるのは寂しいですよ。 
とはいえ、沢山のお客様を花茶にお迎えできて、嬉しい悲鳴をあげていました。 
今日もお店の裏の庭で、ゆるやかなご家族の様子を見る事が出来て、ニコニコしていました。 

(”イチロー”を、超えられるかな。→)
 

午後、京王プラザホテルの支配人の岩坂さんと9月に予定している「日本老年看護学会第14回学術集会」の打ち合わせを兼ねて、ファーム弦さんの農場へ行ってきた。 
身近な存在の農場だけど、足を運んだのは初めて。 
ファーム弦さんの谷さんと初電話の後”彼の「謙虚さ」を「敬おう」と、思った”と言う岩坂さんのお言葉通りの印象を私も抱いていたので、ぜひ、岩坂さんを農場へお連れしたかった。 
ファーム弦さんでは100年以上も前の原種トマトの栽培を始め30種以上のトマト栽培をしているという。 
赤いトマト、白、黄色、グリーン、黒とか色彩のバリエーションも豊富でハウスの中を歩いていても楽しい。 
ピンクソルトとバジルを持たされて、ハウス内を歩く。もぎ取りながら、サラダを食べているような感覚を覚えた。オシャレというのか、こういう感性を持っている谷さんをステキと持った。 
9月の「日本老年看護学会第14回学術集会」では、ファーム弦さんの新品種トマトと花茶のアイスをコラボして新作で提供の予定です。 
(ボリサリーナ(別名、牛の心臓)というイタリアの原産種トマト。生食してみても美味しかった。→)

夏、過ぎて..
夏、過ぎて..
夏、過ぎて..