ナンバーワンに成れなくてもナンバーワンなプレゼント

掲載日:2017.09.16

ナンバーワンに成れなくてもナンバーワンなプレゼント

ナンバー1に成れなくても・・・オツムの中で歌っている歌がある。 

5月の末の頃、ドイツからのご旅行中に立ち寄られたご夫妻(と思う)が、花茶でピッツァを召し上がっていかれた。 
ご夫妻も当方も片言の英語で会話をしながらシェフはピッツァの話などしたらしい。 
ご夫妻の会話のドイツ語に至っては、何を会話されていたか想像もつかなかった。 

昨日の事、身に覚えのない小包が贈られてきた。 
中にはドイツのオリーブオイルとそのオリーブの実の缶詰。 

”ピッツァを食べた後、彼は「今まで食べた中でNO2,NO3かも知れない。」とか、帰国後「あんな美味しいピッツァが日本にあるなんて…。 ドイツの友人に話しても誰も信じてくれない。」等々大絶賛しておりました。感謝の気持ちだと思います。” 
と、綺麗な便箋に添えられていました。 

NO1と書かれてなくてもNO1と同格ね。 
オリーブオイルだけでなくご夫妻のこのお気持ちが、何よりのNO1なプレゼントです。 

きっと、仕事を終えた後のシェフはニンマリと喜んでいたでしょう。シェフの顔を見てないのが残念です。(笑) 

追伸  17.18日は泉郷神社の秋祭りです。 
17.18日のレストラン営業はお休みですが、アイスクリームの販売は通常通り営業しています。 
17日の夕方近く、花茶店頭にて千歳無形文化財でもある泉郷獅子舞の演舞が披露されます。 
是非、お立ち寄りください。 

ナンバーワンに成れなくてもナンバーワンなプレゼント