ほっとひと息

掲載日:2009.12.30

掃除と正月料理の二本立てで、忙しくしていた。 
今年もセピア色に褪せた料理のテキストを広げて、おせち料理を作る。その隙を見つけては、掃除、掃除。 
そんなバタバタしているところへ、鹿児島の物産でお声をかけて下さったI様から鹿児島のお茶が、届いた。 
昨日、鹿児島は静岡に次ぐお茶の産地だと教えられたばかりだったので、I様から届いたお茶の数々を興味深く思った。 
紅茶は、殆ど外国の物しか飲んだ事が無い。鹿児島で紅茶の生産も盛んだと知った。 
さっそく、紅茶でひと息。 
特別に優しく美味しい味わいと思った。午後の時間のタイミングにもバッチリ。 
この年の暮れに、一杯のお茶が、こんなに幸せな気持ちを誘ってくれるなんて、ありがたい。 掃除も料理もストップして、庭を眺めながらゆるやかな時間を味わいながら鹿児島でお会いした人達を思い出していた。 
今年は、最後まで幸せ過ぎている。 
(鹿北製油のごま油は、昔ながらの製油法で作っているという。もったいなくて、しばらくは眺めていたい。)