”免疫バランスと健康”マンマの健康つくりセミナー

掲載日:2009.12.19

TH1(抵抗力)って、判りますか? 
グリーンツーリズム商品コンテストで優秀賞を頂いた、北海道女性農業者倶楽部(マンマのネットワーク)の”とかち農村交流と食育を学ぶ ”ツアーを、無事こなしてきました。 
北海道大学で遺伝子、免疫について研究されている西村 孝司教授の講演は、あつい思いが会場に伝わり、本当に考えさせられたものでした。 
環境破壊が起すアレルギーは、先進国ほど多くなり体内でアレルギーを起すTH2が増殖しているとのこと。 
TH1=抵抗力が衰えると共に、免疫力のバランスが崩れ、癌などの病魔に侵される身体になるそう。 
私の世代では、ばい菌を含めて自然と共生しながら育ってきたけど、何もかもがクリーンすぎてきた、クリーンな状態を追い求めすぎた現代は、細菌と共存できるはずの身体が、破綻を起こしているという。 
西村先生の推進しているヘルシーツーリズムは、アレルギーや精神的にもバランスを崩した都会の人達を、北海道で食べもの、環境、医療、観光を含めたツアーを実施することで健康な身体を取り戻そうという試みだそうです。 
北海道こそ食と環境が整っている最良の地域だと絶賛する先生の言葉を聞きながら、そこで暮らしながら命を繋ぐ一番大切な食料を栽培している私たちは、この恵まれた環境の中で、のほほ~んとしていてはいけない気がした。 
思いを持った人と人が会い、思いの輪を広げていくことをマンマの会に期待されての熱い講演だった。 
今日は、すずきっちんで味噌つくり体験や十勝の家庭料理でランチの後、共同学舎でバターつくり体験もして帰路についた。 

(講演会場と交流会の様子)

”免疫バランスと健康”マンマの健康つくりセミナー