農的暮らし

掲載日:2008.05.13

昨日、林 美香子さんの「農都共生のヒント」出版記念パーティーにお招き頂いて、本を頂いて帰ってきました。 
わが村は美しく北海道運動や関連した活動に参加する事が多くなった事や、周りに農的暮らしを求めている方、 実際に田舎に住み込んでしまった方など、随分と知り合って田舎に住みながら田舎の良さを彼らに再発見させられる機会が多くなりました。 
昼と夜の境目の無い都会と違い、田舎は騒と静の違いもはっきりしています。都会から移り住んだ方が、夕暮れぐれの暗さがはっきりしているの と星の輝きに感動していました。 
人の身体や生活のリズムには、田舎は快適な場所ですね。 
林さんの本は、論文のように書かれていて、私にはムツカシイ気がするけど、都会の人達と共存できる村の有り方や暮らし方のヒントを掴みたいと思いました。 
ペラペラとページをめくって..やっぱり、むつかしそう。