花茶の風景

掲載日:2019.11.23

昨日、花茶フレンドが町民文化祭(長沼町)で、「花茶の風景」という絵画を見たと教えてくれた。
夕方には、その絵画の写真が、メール便で届く。

毎年のこと、何名かは庭に陣取って風景を描いている様子をみるけど、こうやって展示されたものを見るのは初めて。
かなり嬉しい。

3年前だけど札幌での絵画展でもこんな絵ハガキがあったよとお客さまが購入して来てくれた。
そう言えばオープンして7.8年くらいの頃だっただろうか。
千歳の写真展で「R337」と書かれた作品は、黄色い花茶だった。この時は、急いで見に行ったっけ。

花茶が、食を提供するだけの店でなく、風景を含めて遊んでいただいたりリラックスできる場所と感じてもらえるようになったことが嬉しい。
花茶の元々の出発点は、都会の人たちとこの風景を共有して農村と都会とのパイプ役になることだったから。

それにしても嬉しい絵画。
改めて、花茶がお客さまに居心地の良い場所と思っていただけるように努めようと思った。

花茶の風景
花茶の風景