それぞれの春♪

掲載日:2017.03.18

卒業や卒園の話題が何処からともなく耳に入ってくる季節。 
小さな花束を手にして街を歩いている家族を目にすると、遠い昔が思い出されて懐かしい。 
めでたい日でもあって、又、別れの日でもあるけど個々に抱く想いは如何ばかりか? 

花茶にも、別れの季節。 
春に成ったら帰ってくると言っていた野良猫サイトウさん。 
めでたく野良猫を卒業して飼い猫になりました。 
お客様の中には、サイトウさんに会える日を楽しみにして下さっている方も沢山いらっしゃったけど..。 

我が家の野良猫として生を受けて悲しいかな雄猫としては、一族とは共に生活できなく逃避行をした場所が、お店の小屋。 
気の弱い性格と素直さに好感をもたれて、いつの間にかサイトウさんで人気者に(^^♪ 
いちご狩りの季節には、お客様を受付でお待ちするという大役も無難にこなす珍しい猫でした。 

素直にあるがままに生きる性格の彼は、預けられた元スタッフの家族に受け入れられて、めでたく飼い猫に昇進という幸運をつかんだのです。 
サイトウさんにとっては幸せな猫人生だけど、会えなくなると思うと寂しいねぇ。と、勝手な言い分を放つ花茶のスタッフたちです。(笑) 

そして忘れもしない11月13日にこの世に生を受けた3匹の野良猫たち。 
私が手元で育て始めたのはその3日後のこと。 
卵より少し大きいと思う超ミニサイズの子猫を育てられるかと心配と不安の格闘の中、無事に全てが元気に育ち、それぞれが新しい飼い主にもらわれます。 
最後に残った1匹が23日に引き取られることになりました。 

娘家族と共に育児奮闘の数か月で、今は娘の処のプーちゃん(雄猫)を母親のように慕い暮らしています。 
プーちゃんと引き離すのは切ないくらい可哀そうだけど、新しい飼い主には可愛がってもらえるはずだから幸せになるでしょう。 
この子には、忍ちゃんという名が新しい飼い主からプレゼントされています。 

ゆずちゃん、こつぶちゃん、そしてサイトウさん、みんな幸せになれて良かった♪ 
(写真、上からサイトウさん、3匹の子猫、忍ちゃんです。) 

私には、大きな仕事が残っています。 
この子達の母親を捕まえて、避妊手術をすること。 
ずる賢いかあさん猫で、中々手中に出来ません。(泣) 

それぞれの春♪
それぞれの春♪
それぞれの春♪