いちご雑感

掲載日:2021.06.18

いちご雑感

私は、いちご。
ごめんなさいね。今年は、たくさんの実をつけることが出来ませんでした。
こんなこと、私の生涯で初めての経験です。

ご主人さまは、私を畑に移住させたときいっぱい子供を生んでくれと真新しいお布団やご馳走を用意して体力を栄養をつけよと期待がいっぱいでした。
お客さまも、ご存じのはず。私たちが畑で育っていた時の様子を。

元気に冬を越したのに、今年は、暖かい♪ 春は早いと誰もが楽しみにしてくれました。
でも、中々春らしい暖かさに恵まれず遅い霜や5月の寒さに私の子供たちは花を咲かせただけで実になれませんでした。
6月、イチゴ狩りを目前にした日の強風!
傷みつけられて、私は心だけでなく体も折れてしまいました。

ご主人さまは、傷んだ体を手入れして立たせてくれましたが、私の子供たちは半分以上いなくなりました。

とってもガックリ萎れていましたが、大勢のお客さまがイチゴ狩りに来てくださりました。
それはそれは、驚きと励みになりました。
沢山のお客さまの笑顔に元気をもらいチャレンジしなおす気力を頂きました。
再び、来年こそ!と、思っています。

週末、コロナ感染の予防と少ない私の子供たちの影響で人数制限が厳しくなります。
本当に、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
でも、現実を受け止めていくしかありません。皆さま、ご理解くださいね。
赤いイチゴの私は、お客さまを眺めながら感謝の気持ちでいっぱいに成っています。

イチゴのお帽子で素敵なお嬢さんたち。嬉しいな(^^♪
花茶のイチゴ狩りが、こんな風に楽しんで頂けるものになっているのね。嬉しいです(^^♪
今年はニワトリさんもお客さまです。

いちご雑感
いちご雑感