マンマの会の総会

掲載日:2016.03.24

夫の49日も終えて、春のお彼岸も過ぎた。 
なごり雪が時々舞ったり、まだ春と呼ぶには早すぎる気もしたが、気持ちは春へ春へと走ります。 

北海道女性農業者倶楽部(マンマのネットワーク)の総会も先日無事に終了して、ひとつホッとしています。 
女性の活躍を応援してくれる時代になってとはいえ、この歴史には長い年月が掛かっているなぁと朝のドラマ「あさがきた」を見ながら思った。 
自分の気持ちを言える女性、誇りを持つ女性にこれからの女性はなるようにと、ドラマでも言っているのを聞いて、こんな時代からの声なのに未だ出来てない女性も多く、認めない社会構造も有るように思う。 

で、マンマの会の仲間たちは、余りにも個々の個性のある集団なので応援下さっている顧問の先生方は”オモシロイ人たち”とか”楽しい人たちで愉しめる会”だと評価して下さっていた。 
其々が農業というホームを持ちながらも事業を起こしたり公務的仕事も携わっているような活発な仲間なので黙っているような人はいなく、総会も盛り上がったし役員会も中々のものです。(笑) 

今年は10周年で一年を通しての事業が10周年記念事業。 
写真は、シンガポール北海道事務所開設のレセプションに参加した柴田さんの報告模様です。 
北海道で只一人の女性農業者の参加でした。 
マンマの会に入ったころ、メソメソとしていた彼女でしたが、一番の成長株だとみんなで祝福した。