書初め

掲載日:2019.01.01

明けまして、おめでとうございます。 
とっても穏やかな朝陽が射した元旦でした。 
カーテンを開けて、両手を合わせて今年の幸を祈らずにいられません。 

今日は、小学5年生の孫の書初めです。 
中々、気が乗らない孫にやる気を出させるために、杏子ちゃん(お嫁さん)は、苦労します。(笑) 

「進む勇気」という単語が気に入って、私と杏子ちゃんとで先ずはの書初めをしてみました。 
私は、数十年ぶりのお習字です。 
下手な事は、十二分に承知しているけど、この単語が気に入って筆字で書いてみたくなった。 
言い訳みたいだけど一発勝負で下手の横好きってやつです。 
一番、下手な字が私の字。 

孫と3人の字を並べて、何だかとっても幸せ。 

 

さて、昨日の大晦日は恒例のそば道場でした。 
殆どがお馴染みさんの参加ですが、初めての方も上手に出来上がるとニッコリ嬉しそう。 
例え上手に打てなくても、不揃いな切り方でも自分で打った蕎麦は美味しい! 
本当に美味しいんだよねぇ~。 

就学前から蕎麦打ちをしてきたあっ君は、流石に慣れた手つきでした。 
毎年見えるSさんも慣れ慣れの手つきで、余裕あり。 
久しぶりの方も常連さんも、集まれば楽しい♪ 
(数十年のお付き合いのSさんは、息子みたいに可愛い。初めてのツーショットね。) 

今年も、どうぞよろしく「作者綴り」にお付き合いくださいね。 

書初め
書初め