朝、いちばんのお客さまは美声の持ち主

掲載日:2012.04.20

朝一番、玄関先でウグイスさんが、”ホ~ホッケキョ”と、春が来たよと告げに来た。 
久しぶりに春らしい暖かな朝。 
畑に出ると、あちこちでヒバリさんも囀り、遠くの山では山バトの鳴き声もしている。 
花茶の芝生も緑を帯びて来て、やっと丸めていた背中を伸ばすような気持ち良さだった。 
東京の友人に電話を入れたら、「いいお天気でしょう?」と言う。私の声で、判ったそうだ。(笑) 
イチゴの管理作業の枯葉除去仕事が、2.3週間の遅れで、やっと開始となる。 
少し汗ばむくらい気持ちの良い気温だった。 
ヒバリの囀りが、畑のバックグランドミュージックなり。 
近くのパークゴルフ場は、驚くほどのプレイヤーが、芝生を埋めていた。 
長かった寒さから解放さて、一気に爆発してあふれ出たようなひと、ひと、ひと。 
花茶へのお客さまも、昨日辺りから、それらしさを感じてはいたが。 
今週末も、お天気は、良さそうで花茶も嬉しい。 

花茶の30年来の鯉のぼりは、とうとう使えなくなり困っていたところ、お客さまから頂いた。 
子供たちが、気持ち良さそうに、いっぱい泳いでいる。 
花茶のサポーターさん、今年も庭の清掃を。ありがとうね。

朝、いちばんのお客さまは美声の持ち主
朝、いちばんのお客さまは美声の持ち主