蝦夷梅雨・・お日様に会いたい

掲載日:2018.07.06

もう、ひと月もどんよりとした空に雨降りの日々が、続いている。 
いつも、汗だくになってイチゴ狩りをしているのに、寒いと感じながらイチゴ摘みなんて、オカシイと思う。 
北海道も本州並みに梅雨を感じるようになったねと口々に嘆きが飛び出しているこの頃です。 

イチゴ狩りが、ひと月も続くことは無かったけど、多分この寒さなのでゆっくりと熟しているのだと推察しています。 
まだ、今週末まで、イチゴ狩り出来ます! 
結構期待できる粒の大きさはありました。上手に葉っぱの下を覗いて下さいね。 

昨日は、全国的にもひどい雨ふりだった模様ですね。 
一年に一作しか栽培できない北海道農業にとっては、この雨の農作物への影響は相当なもので打撲的なものです。 
先行きの不安だけが、残ります。 

太陽さんのお顔を拝顔したいと切に思うのは、私だけでは無い。 

花茶もお客さまが少ないので、私はじゃが芋料理の試作をしてみました。 
「日本いも類研究会」の方から、色んな品種のじゃが芋を使っての食する会を開催したいというご要望を受けました。 
そんな訳で、ワタシにとってはレパートリーの少ないじゃが芋の挑戦中です。 
じゃが芋のおやきを作ったことが無いので、他人に聞いたり本をあさったりしました。 
そもそも、おやきに馴染みがない。 
出来たおやきの具材は、茄子の味噌炒めです。 
スタッフたちに食してもらいましたが、Goodでした。 
次回は、具材にじゃが芋餡をと考えています。 

※(上の画像は、数日前の地元のレクレーション大会に合わせて作った柏餅です。) 

蝦夷梅雨・・お日様に会いたい
蝦夷梅雨・・お日様に会いたい