花茶の畑で虫捕り

掲載日:2012.07.30

子供たちの待ちに待った夏休み。 
北海道も夏らしい暑さが続き、絶好の夏休みです。 
花茶の庭で、クワガタを探している子供たちの姿も目に付くようになりました。 
そんな中、コロンポロンガーデンの夏休み企画「花茶の畑で虫捕りをしよう」を開催しました。 
ゆうふつ原野の守り人「村井 雅之氏」が、ガイドをして下さり、幼児から昔子供だったお父さん、お母さんも交えて虫探し。 
水辺にいる虫と畑にいる虫の違いや、虫の捕り方、習性など教わっていました。 
取材で見えた記者さんも、童心に返って楽しめたと話してくれましたが、暑さの中、虫捕り網を持って歩いている姿は、何故か懐かしさも覚えた花茶おばさんです。 
(高知の夏は、暑い陽ざしの青空に真っ白な入道雲が浮かんでいた。炎天下でも、トンボを追って遊んだ子供の頃の情景が、懐かしく思い出された。) 
子供たちの真剣な眼差しが、とっても気持ち良いです。こんな、まっすぐな気持ちを大事にしてやりたいですね。 
参加された子供たちの、心に残る夏休みのひとコマをプレゼントできたかな。

花茶の畑で虫捕り
花茶の畑で虫捕り