新しい風

掲載日:2011.01.07

今日は、千歳市消防団の出初式の日。生憎の猛吹雪…と気の毒にと思っていたのに、千歳の市街は晴れていたらしい。 
わが村は、一日中一寸先が見えなくなるくらいの吹雪で、たった10キロの地域差なのにと驚いてしまう。 
午後、村の公民館で消防団and婦人防火倶楽部の新年会があり、この吹雪にもめげないで出席してきた。 
世代交代になったのか、白髪のおじさんに混じって、私たちの子供世代が多くなり、なんだか嬉しくなるような光景だった。 
又、泉郷に定住、移住してこられた人達も混じり、賑わいを感じるのも本当にいい。 
で、村を元気にしよう、村の持っている財産を活かして何かを始めようと盛り上がった。 
わずか40数戸の小さな村だけど、診療所あり、派出所、簡易郵便局、温泉、レストラン、野菜直売店、観光農園など沢山の財産と獅子舞などの伝統文化や伝統の郷土料理もある。 
掘り起こせば、まだまだ先代が残してくれた泉郷の宝がある。 
村の住民にとって、当たり前の事が、新規参入者の声によって大きな宝である事を教えてもらえた。 
文化や伝統を絶やさないように、伝えていく為にも奮起して始めようという提案に、盛り上がる私たち。 
これって、”新しい風”って、言うんだよね。 
(向かいの”しいたけ栽培”農家から失敬してきた(o^_^o) ハート椎茸ですぅ。)