宮崎に、鹿児島に…

掲載日:2011.01.29

昨日の寒さは、強烈過ぎて本当に辛かった。 
幸い今日の日差しは、春の兆しを感じる。少しずつ力強くなってくる太陽の光は、元気をもらうようで嬉しい。 

静かな営みを送っている私たちだけど、宮崎、鹿児島の火山の噴煙被害や鳥インフルエンザのニュースを耳にするのは、本当に気の毒で、気の毒で…。 
鹿児島でも宮崎でも親しく思う人達がいるので、街の状況や暮らす人達の顔が浮かんでくる。どうしているだろう。 
灰を被った野菜をみると悔しい、どうにもならない悔しさを思う。家畜を殺処分する気持ちも、同じだ。 
みんな心痛を抱えて疲れているだろう。でも、生きていかなきゃ。早く平穏な暮らしに戻れますように。 
(私の冬休みの作品は、パッチワークのポーチでした。)