龍馬の年やきねぇ。

掲載日:2010.01.31

NHKの大河ドラマで”龍馬伝”をやっているので、私たち高知県人会も、ちょっと盛り上がっています。 
昨夜は、花茶でのファミリーコンサートを終えて、いそいそと高知県人会の集まりへ走りました。 
アクセントはモチロンだけど、声のトーンやら話し振りの中に、高知を見つけてニンマリとなります。 
お料理は、高知から取り寄せた”鰹のタタキ”に”てんぷら”やミカンなどが揃っていて、お酒も土佐鶴。久しぶりの高知の銘酒です。 
北海道へ入植した高知人の話や自分達のルーツを語ったり、思う存分に土佐弁を出して高知を語り合えるのは楽しかった。 
故郷を離れて、故郷を思う気持ちは、中々のもの。”遠きにありて、思うもの”とは、よく言ったものですね。 

今年は、龍馬の年やき、北海道におる我々も何かせんといかんがや。(意味、判るかな?(笑)) 
(続、ファミリーコンサートです。花茶、満員御礼のコンサートでした。)