真夏のいちご狩り

掲載日:2010.06.27

待ちきれないお客さまが、朝から列になって、いちご狩りのオープンを待っていました。日差しは、夏! 
こんな晴天のいちご狩り日和が続くのは、経験した事が無いと思うくらい珍しい。 
毎日、好天で嬉しいと思うけど、いちごの過熟していく速度もアップしているので、意外と早くにいちごのシーズンが終わってしまうかもしれない。 
「いちごのジャムを食べているみたいだった」と、いちご狩りから終えられたお客さまが、顔を赤くして汗を拭き拭きつぶやいていた。 
花茶公園に化した花茶の庭は、ピクニックされている姿や子供達の賑やかな声で、元気があふれていて、私は、窓越しに眺めながらニンマリしていた。 
いちご狩りに限らず、花茶のシーズンに併せて、ご無沙汰だった友人や知人が、顔を見せてくれる。 
花茶開店以来のお客さまとは、オープン当初からの話になって、お互い懐かしみながら年月を思う。 
あの頃のベビーは、はや15歳。 
私の体力の衰えも、仕方ない年月だと納得です。(笑) 
花茶の花達も元気良く咲き始めて、嬉しい。 
今年は、ちょっとは見栄えがするようになったので、草どもに負けないように気合を入れて頑張らねば。 
でも、この暑さに、まず、負けている。 
私、南国育ちだったのに…。 
(クレマチスやバラが、テラスを飾りはじめました。)

真夏のいちご狩り