農家のキライな人間

掲載日:2009.02.13

農家のキライな人間

と、言ったのは、日本農業賞を受賞する片岡氏のマイクの前での冒頭の言葉。(笑。いつもこの言葉で笑いを取る) 
農家の長男に生まれて、両親からも親類縁者からも”農家の後継ぎ”という呪文をかけられて、その束縛から解放される事無く、農業を営んできたという彼の生き方は、 多くの農家の長男に課せられてきた運命のようなものだったと思う。 
すごく平凡に普通に働いてきたのに、こんな賞をもらうことになってと、謙虚に言っていたけど、挫折や失敗を繰り返しながらそれでも高いアンテナを張って次を見つめて取り組んできた姿勢や 何よりもあの人柄に回りに取り巻く人達が魅了されていたのだと思う。 それくらい、素敵なミドル。 
昨日は、石狩管内の指導農業士会の総会のあと農業賞受賞のお祝いをした。 
私には、全くもって縁の無い賞で、彼も雲の上のような人だけど、いつもパンダさんのような笑顔を向けてくれる。 
身近に、そういう人物がいることが、私のしあわせ。 
おめでとう。♪ 
(都会では大ヒットになっているという片岡農場のハルユタカ。花茶でも販売していますよ~。→)

/2009pic/feb-11.jpg” border=”0″>
三越デパートの”北海道味覚めぐり”も、後半に突入しました。 
わざわざ足を運んでくださったお客様も…「ありがとう」の気持ちいっぱいに成っています。 
「あっ、かちゃだぁ~」という声が、聞こえてくると、それだけでもとっても嬉しいですよ。(o^v^o) 
いちご狩りも今から楽しみにしているという声も頂くと、今年も、お天気が良くて美味しいイチゴになりますようにと今から気になって仕方ないです。 
雪祭りもありましたが、催事会場は、とっても賑わっていて汗が流れそうでしたね。その雪祭りも、今日で終わりました。 
明日から少しの間、静かな雪国に戻るかな。 
催事会場の隣ではひな祭りのお人形さんが可愛く展示されていました。 
花茶の店内も友人が作ってくれた手作りのお雛様が数体並んでいます。 
(可愛いお顔のお雛さま。弥生の月は、もうすぐですね。→)

農家のキライな人間