小春日和

掲載日:2017.10.28

寒波が去って、再び穏やかな秋日和が続いている。 
テラスでワンちゃんとお食事をされていたご夫婦も「小春日和ですね。」と、笑顔を向けてくれた。 

我が家の庭も紅葉が綺麗で庭が燃えていると思うくらい鮮やかになる。。 

庭の銀杏の木は”これは絶対実がなる”といって姑が植えた木。 
成らないと諦めていたけど昨年5.6個の実が成っていたらしい。今年は、相変わらず実の成らない木。 
姑は一度も実を見ることなく、やっぱり成らないのか…とつぶやいていた様子が浮かんで来た。 

この数日、髭さんが庭の枯葉の始末や雑草の手入れをしてくれた。 

10月に入って数回に分けてインターンシップの受け入れをしている。 
昨日は、2名が最終日で最後のまとめをした。 
飲食店で働くことが初めてというお二人さんだったので、この経験は新鮮で且つ有意義だったとのこと。 
私にしてみたら、この時期は平穏なので刺激も少なく、又、受講生に伝えられるほどのモノも無いと思うのだけど、いっぱい学ぶことが出来たと言われるとホッとする。 

将来農家と消費者との橋渡しになる仕事がしたいと言っていたT君。 
その為の学んでおくことなどアドバイス出来た。 
又、観光農園をするというTさんには、反対に果樹の冬囲いの技を教えてもらったり..。 
ブルーベリーに初挑戦の花茶のスタッフたちなので大いに助かった感じ。 

この他にもインターンシップの受け入れをしているけど、受講生の本気が見えなくて何だかガックリきていたところだったので意気込みを見せてくれたお二人さんには感謝です。 

来月もインターンシップ生を迎えるけど…興味があるからとか面白そうだからという気持ちでは来てほしくない。 
片手間の6次化程度の受講生では困ります。

小春日和
小春日和