クラッシックトラクター

掲載日:2008.07.29

トラクターは、畑を重い重量で踏み土を硬くするし、牛や馬のように堆肥も作れない、新築の家が2軒も建つ高価な買い物等など、その昔ト ラクターを購入するまでにはかなりの抵抗があって、先進的な考えがない限り購入へはいかない手が届かないものだったという。(今でも、高価な買い物だけど) 
美瑛にある「土の館」を見学して、そこに展示された数々のクラッシックトラクターを見せていただいた。 
あまりトラクターには関心が無いのだけど、元社長さんの熱い説明にすっかり心を奪われて熱心に聞いている私。 
国産初のトラクターや蒸気トラクターなんて…しかも、目の前に実物が展示されている。おまけに、100年前の購入者の子孫に成る方が、近くの村の方であったり現在も名の知れた農家の方だったりで、感動。 
トラクターを抱きかかえるようにして、心底、陶酔しているとも思える社長さんの様子は、熱くて胸を打たれた。 
自分の仕事に誇りを持って生きてきた生き様を見せられたようで感動を覚えました。 
私も、こんな風に自分の仕事に誇りを感じられるように努めたいと思った。 
(国産第一号トラクター。クリックすると100年前の蒸気トタクターの写真(購入者は三谷牧場)。)