華やかな舞台の裏

掲載日:2009.12.13

今日は、ある方のダンス教授暦10年記念のパーティーに連れて行ってもらった。 
素晴らしい衣装と身のこなしのダンスをうっとりと眺めて、思わずため息が出た。 
ご挨拶の時、声を詰まらせて何度もダンスをやめようと思ったり、苦しい経験もいっぱいしたけど、こういう華やかな舞台に立って今を迎えられることを幸せに思うと話されていた。 
傍目には、華やかな物に見えても、やっぱり何事もそう簡単ではないと改めて思う。 
しんどい思いや汗を一杯かいて、流した汗や涙の分、得た喜びは大きい。 
分野が違っていても、自分に与えられた中で、この人性を感動に語れるように生きれたら素晴らしい。