道産新品種を食する会

掲載日:2008.02.20

無事、終了♪
道内の関係機関で苦労されて開発された新品種の農作物を私たちケータリング”美利香”が、最後の仕上げのお料理にしてお披露目するという一番美味しい処を頂いて、今日はその晴れ舞台でした。
料理や作物について、その道のプロばっかりお客様にお迎えしているパーティなので、実は内心ハラハラドキドキ。 ここでしくじっては面目がないとお客様のお顔を思い浮かべながら試作を重ねてきました。(笑)
さすがに、今回は提供された食材を苦労して研究されてきた方々だけに、料理にも大変興味深く味わって頂けて関心度も凄いと感じました。

ホテルで出す料理と違って、何か懐かしい味がすると、年配の方々に言われたり。そうなのよね。私たちの”美利香”は、スマートではないけど、素材の味を活かしたお母さんの味が売り物。
いっぱい、お褒めのお言葉を頂いて、そして料理も綺麗に平らげていただけて、とっても嬉しかったぁ。
グループを結成してまだ浅いけど、やっと大きなお仕事をひとつ。みんな、ご苦労様。ありがとう。(写真上、報道陣もいっぱい。写真下、馬鈴薯「HPO1」で作ったビシソワーズ)

道産新品種を食する会