名のみの春だけど

掲載日:2017.04.03

窓越のお日様は、春です。 
テラス席では、この春一番乗りで可愛いお客様が見えて下さりました。 
なんと、なんと猫ちゃん!(ワンちゃんもご一緒でした。) 
このお天気に騙された訳ではないと思いますが、テラスでお食事は、まだまだ寒いです。 
「美味しかったです。」の、お言葉を残してお帰りの後の食器が冷たく冷え切っていました。 
早く、快適にテラスでお食事出来るように、お日様ガンバレ!! 

4月に入って早々のケータリングのお仕事は、江別でした。 
都市と農村交流センターのオープンセレモニーで美利香の料理を提供させて頂いた。 

小耳に「この会場で都会の人といっぱい触れ合いが出来るように活用していきたい。」と、代表者の挨拶が聞こえてきた。 
きっと、色んなイベントや体験を通して、この場所が地域へ人を呼び寄せる活性場所に成るだろう。 
使わせて頂いた調理場はオール電化になっていて、ステンレスの備品がピカピカ。 
市で相当に力を入れて作ったのだろう。 

美利香のお料理は、 
「普段家庭にある野菜が、こんな風に調理されて、しかも味が濃くも薄くもなく優しい味になっている。おいしいです♪」と、 
色んな人たちに言って頂いた。 
春を感じて欲しくて、料理にもテーブルにも春を意識した物を準備させて頂きました。 

名のみの春だけど
名のみの春だけど