本番に強い(笑) じゃが芋料理会

掲載日:2018.11.17

いよいよ当日を迎えた”北海道でじゃがいも三昧in花茶”は、17日でした。 
前日から私は下ごしらえに大わらわ。 
届いたじゃが芋は12種類。遠くは長崎から、地元では北見農業試験場からも届いています。 

この夏、「多分、僕の最後のわがままを通させて欲しい。」と依頼されたあの真顔を忘れられず、ご期待に応えたいと思ってきました。 
”禁断の北海道”ほぼ10年の間、彼は北海道へ向かう事を断ち切って過ごしていました。 
解禁に成って、花茶へ見えた時は、本当に驚きました。 
※画像 じゃが芋すりおろし団子汁 

私も忘れるくらい遠い過去の歴史に刻んだ羽田の玉ちゃんだったし、音沙汰の無いのはじゃが芋から離れたのかなぁと思っていた。 

略10年たって突然のご来店は驚いたけど、懲りずにじゃが芋料理会を、と言ったのにも正直驚きました。 
お客さまが一人も来なくても良い、僕だけの料理会になってもいい、もう一回昔やったじゃが芋料理会を小栗さんの手でやって欲しいと。 
※画像 ”越冬アカネと熟成インカのめざめ”のコロッケとおやきは”インカのひとみ”使用 

料理は、アイスクリームを含めると14種類になりました。 
それぞれのじゃが芋の特性を見極めてのメニュー設定は、玉ちゃんとの考案です。 

 

フライドポテトには、こがね丸が最適で実際作って食べてみると本当に美味しい! 
越冬さやあかねと熟成インカのめざめでは肉の力を借りないでじゃが芋だけでコロッケを作りましたが、これが又、美味しい事! 

”じゃや芋おやき”を作って欲しいと依頼されたのには、ちょっと考えました。 
食べた事無いし…すると玉ちゃんから信州のおやきのお手本が送られて来て、これは作らねばと覚悟を決めました。 
この”じゃが芋おやき”は、昨日のお客さまに絶賛されて、本場以上の味とお褒めを頂きました。(うふっ) 

10年前にシャドークィーンやノーザンルビーを使ってじゃが芋モンブランケーキを作ったことが有ったのですが、今回も玉ちゃんたってのご希望でモンブランケーキを作りました。 ※画像 モンブラン 
玉ちゃん、大満足だったようですよ。 

 

じゃが芋料理会は、食べるだけでなく大谷 号氏によるじゃが芋のミニ勉強会もやりました 
特別講師として私の尊敬するNさん(JA職員)も生産現場の人としてお話をして下さっていました。ありがとうございます。※画像 N氏) 

沢山の届けられたじゃが芋を好きなように調理させてもらえてお客さまにご披露するという機会に恵まれた花茶おばさん。 
普通にこういうチャンスに恵まれることは無く、本当に有難い幸せなチャンスでした。 

玉ちゃんにとってじゃが芋は、ご自分の生涯をかけた研究で、生きた証として残したいものだそうです。 
その研究心は全国を飛び回ってじゃが芋資料で研究したり調理したりの度を越した道楽とか。 

羽田の玉ちゃんのブログに今回の料理がアップされていますので、ご訪問下さいね。 
試作の味見は花茶のスタッフたちのお仕事でしたが、昨日の出来栄えは試作の時以上の出来栄えの味だったとか。 
お客さま達からもオイシイとお褒め頂きました。 
本番に強いねと一言。褒められた?のでしょうね。 

本番に強い(笑) じゃが芋料理会
本番に強い(笑) じゃが芋料理会
本番に強い(笑) じゃが芋料理会
本番に強い(笑) じゃが芋料理会