素直な感動

掲載日:2011.10.27

まゆちゃんです。 
夏のころから、私と一緒に作業してきました。 
今日は、外仕事の最終日で、まいちゃんともラスト日のはずで、花茶の庭のあちこちにチューリップの球根を植えました。 
「ありがとう。又、来年ね。」と、言って見送ったけど事態は急展開をして、このまま花茶のスタッフとして週1回の割で働くことに成りました。 
彼女の背負っている病気について詳しい事は知りませんが、少しだけ気持ちの持ち方にハンデがあったのだと思います。 
私は、何も出来ないけど、働くと言う事を、彼女が、とっても喜んで、受け入れている事を知りました。 
誰でも、仕事をするということは、社会に関わる事で、生きる事の業だと思います。 
社会復帰して、普通の暮らしが出来るように、支援センターの人達と一緒に私も歩んで行こうと思いました。 
花茶へいらっしゃって下さるお客様にもお願いして、彼女を、温かく見守って欲しいと望んでいます。 
花茶の制服を着て、一緒に仕事をすることを、とっても、とっても、喜んでくれました。 
そんな彼女の気持ちに、私も素直な感動を覚えました。 
(花茶デビューの繭ちゃんです。よろしくね。)