労をねぎらって

掲載日:2011.10.29

友人のホームページを見ていたら、かぼちゃを並べて見事な看板を作ってかざっていた。 
来年は、花茶も真似して作ろうと思っていた矢先、スタッフの一人が、ハローウィン用に制作して店内にディスプレイしてくれていた。 
なんて、すばらしい。 
ホント、頭が下がります。 
今日は、夕方より中小企業診断士会の主催するセミナーの講師を依頼されて、この私が、舞台に立たせてもらった。 
そうそうたるメンバーを前に。 
本当におこがましい気持ちがいっぱいで、何度、この話がボツに成ればいいのにと思った事か。 
推薦者が推薦者だけにお断りも出来なくて。 
でも、場を踏むたびに強くなっていく自分を知る。(笑) 
自分のしてきた事や思いを他人に話せる場を頂けるなんて、本当に幸せな事だと思えて来た。 
色んな人達とご縁を頂いて、繋がって、花茶は前進していると思った。=私自身の成長もそこから生まれて来たと思う。 
もう一人の講師”キタキッチン”の創設者の勝浦氏が、お店が伸びていくための宣手法には、メディアやインターネットなどの手法はあるけど、人から人へと伝わり物語ができていくのが、 一番だと思うと述べていた。 
美味しいものを頂いた時、良い商品を手にした時、人は笑顔に成る。これだよ。 
この笑顔が、次のお客さんへと繋がっていくのだと思った。 

追伸 
先日、一人で見えた年配のお客様が、帰りしなに「労をねぎらって。」と、言って果物などの缶詰めをスタッフに渡して帰られた。 
スタッフは、一瞬、キョトンとしてしまったらしいけど、何か嬉しい出来事でした。