ケータリング”美利香”

掲載日:2011.11.03

今日は、わが村は美しくー北海道ネットワークのフォーラムの交流会に私たちのケータリング(出前料理)料理を振る舞う。 
フォーラムはスローフードなど、スローな人生、暮らしなどを著書とする作家の島村菜津氏の講演(「スローな未来へ」)やパネルディスカッションで盛り上がったよう。 
私たちは、調理で頑張る。 
暖冬のお陰で、まだ畑の作物は、緑を湛えている。 
その畑から、ネギや小松菜、トマトやレタスなど”今朝、畑にあった物を、その日のパーティのテーブルの上に”と自慢する農家の母さんの自信に満ちたケータリングです。 
ホテルのパーティ料理に、飽きを感じているところもあって、何でもない家庭料理のような物が、好評を得る。 
「美味しくて、たまらん♪」とか、地産地消、スローフード運動に添っているなどの、絶賛のお言葉をいっぱい頂きました。 
ホテルのような華やかさは無いけど、素朴な温かさやおふくろの味、田舎の味、地物の味、安心して食べられる等など私たちの自負するところです。 
今回は、キク芋(写真)もデビューしました。そう、あのブタ芋という畑の厄介者です。が、見直しました。 
残念ながら、バタバタとしていて料理の写真が、ちょっとピンボケだったりでup出来ませんが、私たち華メンバーは、ピンボケしていませんね。

ケータリング”美利香”
ケータリング”美利香”