小さい春、みっけ

掲載日:2010.03.23

毎日、これでもかと雪が舞う。 
それでも、北帰行を始めた鳥たちの姿や鳴声が春を告げてきた。 
次男に刺激されてひなのちゃんとマラソンをしてみたが、1キロも走れなくて後はウィーキングになる。少しは走れるようになりたいな。(笑) 
やっと顔を出してきた土手の枯れ草。
何気なく目をやると、出ている、出ている”ふきのとう”♪ 
土手のふきのとうは、食べる気には成らないけど、もうすぐ春の香りのアイスクリームが、作れそう。 
車一台も通らない田舎道を歩いていたら、「あぁ、気持ちがいいねぇ。気持ちがいいねぇ」と、ひなのちゃんが言う。 
子供でも、田舎の良さが判るのかとちょっと驚き。都会というほどでもない場所に住んでいるけど、その違いが判る孫に、目を細めてしまった。 
(杏子ちゃんの手ほどきで、すっかりケーキ作りに目覚めたひなのちゃん。妹のバースデーケーキを作りました。)