ホワイトアウト

掲載日:2019.01.21

9月の地震以降”ブラックアウト”という単語、その単語の意味が、いかに生活に支障があるか散々交わされていた。 
この季節になると”ホワイトアウト”が、暮らしを脅かす北国のこわぁ~い単語。 

雪が少ないよ。なっんて言っていた矢先に、今朝は酷い雪降りになっていた。 
こんな日は、大人しくしていたいのだが、出なければならない用事を抱えていると、迷いながら車の準備をする。 
車体の雪を降ろす、直ぐに積もる!の現実的作業をしながら、苦々しく雪降りを見上げるワタシ。(笑) 

いざ、発進すると既に家の前近くに大型車が、動けなくなっていた。 
私は、全ての注意力を前方にして、ゆっくりゆっくりと走った。 
1.2メートル先を確認出来るのがやっとの視界。 
車を停めたら追突されるので、ゆっくり進みながらも雪で立ち往生していたニュースの映像を思い浮かべながら祈るようにして目的地まで着いた。 

そのあと、1時間もたてば嘘のような青空が広がっている。
もしかしたら、キツネに騙された? 
家々の前を除雪する人たち、除雪車の忙しなさ、そんな光景に変わってしまった辺りを見回しながら、北国の生活の実感を改めて感じたのでした。 
我が家も、あっという間にこの景色。 
屋根から降りているのは、お布団ではありません。雪、雪です。