久しぶりのお弁当

掲載日:2021.11.17

久しぶりのお弁当

コロナが収まってきたとは言えまだ、忘年会とかを派手にやるという事に、ためらいを感じます。
きっと、そういう事だと思いますが、先日(15日)は41個のお弁当のご注文を頂きました。

2.3日前から仕込みや試作はモチロンの事、詰め合わせた時の配色を含む素材の栄養価のバランスを考えながらバタバタとホント!バタバタと準備してきた。
ちょっと、大変だなと思いながらも献立を考える楽しさや食べて下さる人たちのお顔を浮かべながらの作業が、けっこう私の気持ちを高昇させてくれる。

抜かりは無いかと当日まで材料などのチェックを何度もしながら取り掛かるのだけど、終了後に使い忘れた材料がザルの中に残されていたり、バタバタしていて目に入らなかった必要な材料が出て来たり、まぁ、いつもの事だけどこんな調子で終えた。

手際よくスタッフたちが、弁当箱に詰め合わせてくれたので予定の時間に仕上がって、ほっ( ^)o(^ )。
ケータリング美利香で経験を踏んできたので、お弁当作りも出来ないわけないよねと私が私に言う。(笑)

その渦中の土曜日(13日)は、薬膳教室の宮澤先生の一年遅れの還暦のお祝い会でした。
還暦祝いというよりは、楽しく集まったご縁でみんなで繋がっていきましょうと願う先生のお気持ちでの会になっていました。
主人公にお招きを頂く形で、お料理も先生自らの手料理をご準備下さり、当日の司会もナレーションも全てご自身です。
薬膳だけでなく幅広い先生のご活動を知って、改めて尊敬の念を抱いています。

私は、還暦のお祝いという事で赤いバラの花をプレゼント。
歌手の桜庭和さんもお見えで、みんなで楽しくとたくさん歌って下さりました。
コロナまん延からコンサートが出来なくなって、マイクを持つ事が出来て嬉しいとコメントされていたのが印象的でした。
ミュージシャンにとってもコロナの影響は言い難いほどのものだと思ったし、まだまだ不安がある中の活動はシンドイでしょうね。
花茶のピッツァは、冷めていてもオイシイって食べて下さりましたよ。(#^.^#)

 

 

久しぶりのお弁当
久しぶりのお弁当
久しぶりのお弁当
久しぶりのお弁当
久しぶりのお弁当